クマを消す方法おすすめコスメ

MENU

クマを消す方法。マッサージは逆効果?原因は睡眠不足だけじゃなかった!

クマを消すために目元にコンシーラーを使う?ファンデーションの厚塗り?

クマを消したい

睡眠をしっかりとっても、マッサージしてみても、クマを消すには限界が…。

 

「あれ?私ってこんな顔だったっけ?」

 

ある日、鏡を見ると、今まで見たこともない、やつれた老け顔の自分が…。


きちんと睡眠をとっても、お肌のケアをがんばっても、気づいたら目の下にくっきりとクマが…。

 

クマを消したい

 

「きっとストレスがたまってるからだわ・・・」
「夜更かしして睡眠不足気味だったから」


そう思い、自分なりにいろいろケアをしてみたけど…

クマをコンシーラーで隠す

  • ゆっくり睡眠をとってみる
  • ホットアイマスクを使ってみる
  • 血行を良くするために温める
  • マッサージで刺激する
  • コンシーラーやファンデーションを厚塗りする

など…
でも、クマを消す努力をしてみても、どれもあまり効果なし。

 

「いったいなんで!?」

 

実は、クマはタイプ別に正しい方法で対策をとらないと効果がないのです。

クマを消す正しいケア方法

まずは自分のクマのタイプを知ることが早期改善につながります。


クマを消す対策コスメのおすすめランキング

皮膚痩せがクマの原因

目の下のクマの原因は様々ですが、なかなか消えない目の下のクマは「皮膚痩せによるクマ」です
血流が悪化した箇所が透けて見えるようになりクマになるのです。

もともと目の下の皮膚は他の箇所よりも皮膚が薄いので、ストレスや加齢等でクマができやすいのです
また目元はいちばん目立ちやすい箇所なので老け顔の原因に。

だからといって無理なマッサージなどは禁物。
効果がないだけでなく、さらにクマを悪化させる原因にもなりかねません。

できてしまった目のクマには、できるだけ早く適切な対策をすることで、クマの悩みはちゃんと解決することができます。

まずは毎日ケアにクマ対策コスメをプラスするところからはじめましょう!

↓ここでは実績のある、クマを消す・クマ対策コスメのおすすめを紹介したいと思います。

【目のクマ】解消クリーム『アイキララ』の特徴
  • 隠してごまかすのではなく、原因を解消
  • 「コンシーラーの厚塗りがいらなくなった」の声多数!
発売後1ヶ月で品薄となった超人気商品!
ありそうでなかった商品コンセプトで、発売直後から生産待ち状態になったほど。
肌リズムを正常化させコラーゲンの産生を促進させるので、クマの悩みを原因から解消します。
価格 2,980円
評価 評価5
備考 全額返金保証つきだから気軽に試せます。
公式 https://www.eyekirara.com/

【マジックフェイシャル】の特徴
髪の毛の400分の1の超極細繊維で出来た世界初(特許出願中)の目もと専用シート。
何も貼っていないような透明感で、いつでもどこでも1日中ピンッとしたハリを実感できるだけでなく、小ジワを隠し目もとを明るく見せる効果も

目もとをリフトアップする事でほうれい線も薄くなったとのお声も!!

価格 16,200円
評価 評価4
備考 リフトアップ効果、ハイライト効果、浸透効果で目もとがふっくらハリツヤUPします。
公式 http://www.kihada.jp/

HASストレッチiシートの特徴
10万個の売上を突破した韓国初の目元の為の潤いシート【ストレッチiシート】が更に進化。
エタノールフリーになって、従来品のストレッチiシートが使えなかった方も使えるようになりました。
また今注目のHASや様々な成分を新しく配合していることでその効果もパワーアップ。ハリが出て、肌のコンディションを整えます。
価格 4,200円
評価 評価4
備考 目元の疲れや乾燥、くすみや目覚めの悪さなどに悩む方におすすめ。
公式 http://www.champselysees-lady.com/

まずはチェック!あなたの目のクマはどのタイプ?

クマのタイプ診断

目のクマの種類は目尻を引っ張ったときの色で判断できます。

 

色素沈着が定着!?【茶クマ】には美白対策を

 

目の下が茶色になる「茶クマ」の原因は色素沈着です。
メイク落としが甘かったり紫外線対策が甘いとメラニンが生成されてシミになり茶クマになってしまうのです。
茶クマの対処法はメラニンの生成を抑えたりするのが効果的なので美白化粧品を使ったり紫外線対策を行うことをお勧めします。

 

ストレス・睡眠不足による血行不良が原因の【青クマ】にはハリ対策を

クマの原因

青クマの原因は血行不良です。
疲労がたまっていたり、寝不足だったり、ストレスがたまると血液の流れが悪くなり青クマになってしまうのです。
PC作業やスマホを見ることが多い方はなりやすいです。

 

年齢に関わらず皮膚が薄い人にできやすいのが青クマの特徴です。
放置すると年齢プラス5〜10歳と老けて見られる恐れが。

 

このタイプは目の下の皮膚の血行を良くし、ハリや弾力をもたせることが大切
適切な美容液やクリームなどでケアをすることが効果的です。

 

加齢によって皮膚が痩せ、たるむことでできる影が原因の【黒クマ】には潤い対策を

潤い肌

年を重ねることで目の下の皮膚が薄くなったりコラーゲンが減ってしまうことで肌が痩せてしまい、影ができるのが「黒クマ」。

 

このタイプは目の下の皮膚に潤いを与え肌にハリと弾力を与えることがいちばん重要。
放置するとクマだけでなく、大きなシワの原因にもなり、どんどん老け顔が進行してしまいます。

 

美容形成外科でクマを解消させるボトックス注射などの手術をするという方法もありますが、施術料金が高額なことに加え、術後に数日は腫れや痛みなどの心配があるうえクマが消える保証もないのが実情なのです。

 

目の下のクマ専用の美容液なども出ていて、自宅でのセルフケアでも、かなり改善できます
まずは潤いとハリを与えるケアを試してみましょう。